蜂の再発生は近隣トラブルに繋がる~退治後はこまめに対策が必要~

近隣とトラブルになる前に蜂の巣対策をしておこう!

蜂の巣は、駆除をした後でも再びシーズンを迎えると再発生してしまいます。そうなると、再び近隣から冷た目で見られることになります。トラブルを防ぐためにも蜂を退治した後は再発防止のために、蜂が来ないための対策をしましょう。

蜂の巣対策は春から始める

蜂の発生ピークは夏です。しかし、女王蜂が活動を開始するのは春になります。そのため、春からの対策が必要となります。女王蜂は春に冬眠から目覚めて、巣を作る場所を探します。巣を作られやすい場所としては、雨や風を防ぐことが出来て敵のいない場所です。

蜂の巣を作らせない有効な対策方法

簡単にできる蜂の巣対策はありますか?
一番簡単に出来る対策は、蜂が巣を作りやすそうな場所に水をかける方法です。蜂は、濡れている場所や湿っている場所が嫌いなため、そのような場所には巣を作りません。しかし、常に濡れた状態にすることは難しいです。そのようなときは、防虫ネットなどで予防することが出来ます。
専用のスプレーでも予防できますか?
蜂を寄せ付けないための専用スプレーでも蜂を対策することはできます。スプレーで予防するときには、一度かけるだけでは効果が薄れていくので、定期的に吹きかける必要があります。定期的にスプレーを撒くことでその効果を発揮します。
小さい子供がいるので薬剤はできるだけ使いたくないのですが・・・
小さい子どもやペットを飼っているお宅では薬品を使用したくはないですね。そんなときは、ツルツルしたテープやシートを被せることで蜂が巣を作らせないように予防することができます。きちんと貼らないと対策に失敗することもありますので気を付けましょう。

蜂が好むものを置かないことがポイント!

蜂が好むようなものを置くことで蜂を寄せ付けやすくなります。例えば、甘い香りのするジュースの缶や柔軟剤、香水などです。このような臭いのするものを置いておくと、遠くから蜂が寄ってきて巣を作る場所を探す可能性が高くなります。

TOPボタン